お腹脱毛

しっかりケアしてすべすべ素肌に!お腹の産毛の簡単脱毛!

お腹の脱毛ってどんなことをするの?

水着姿になった時や、へそ出しルックなど、おへそ周りのムダ毛が気になることってあります。肌が柔らかく立体的なお腹のムダ毛は、自己処理がしにくい部位。医療脱毛は、そんなお腹のムダ毛対策にピッタリです。所要時間は、およそ20分程度です。処理をしている時の痛みも感じにくいため、脱毛経験が少ない方でも、楽に受けることができます。

お腹の脱毛についてご説明します

お腹の脱毛の所要時間 ※フォントカラー後で変更(#603813)

お腹の脱毛の所要時間は、およそ20分程度となります。カウンセリングやアフターケアの時間を含めても1時間程度と考えてください。

お腹の脱毛の痛み

お腹の脱毛をする際の痛みは、比較的軽度です。お腹に生えている産毛は、細く柔らかい毛が多いです。医療脱毛用のレーザーをムダ毛に照射する際、太く濃い毛の方が、脱毛時に発する熱も大きいため、痛みを感じやすくなります。ただ、肋骨周辺など、骨に近く肌が薄い場所は、少し痛みを伴う場合があります。

お腹の脱毛の範囲

お腹の脱毛を行う際の範囲は、アンダーバストから、骨盤にかけての範囲となります。気になるへそ周りのムダ毛はもちろんのこと、へその下のショーツで隠れないような部分までが範囲に含まれます。また、お腹側面のわき腹も脱毛範囲となります。ただし、あまり背面に近くなると、背中の脱毛の範囲となります。

お腹の脱毛のリスク

個人差がありますが、お腹の脱毛をする際ですが、お腹の毛は細く柔らかい産毛のためにレーザー照射をすることで、毛が以前よりも太くなる濃くなる硬毛化、ムダ毛が増えるという増毛化のリスクがあります。そのため、強すぎない照射レベルで脱毛を行います。

お腹の脱毛時の格好・体制

お腹の脱毛を行う際の格好ですが、ワンピースを着用していた場合であれば、クリニック専用のタオルを着用します。また、トップスとスカートやパンツなど、セパレートタイプの洋服を着用している場合には、スカートやパンツなどは履いたままで、トップスをめくり上げる形で脱毛を行います。トップスのみ脱いで、タオルをバスト部分に巻いて脱毛処理を行うことも可能です。お腹の脱毛時の体制は、ベッドに寝転がり、あおむけになった状態で、レーザー照射を進めていきます。あおむけになっているので、比較的楽に処理時間を過ごすことができます。

脱毛について何でもご相談ください

少しでも施術に対しての不安やお悩みを解消するための情報をお届けしております。
直接カウンセリングにご来院いただければ、医師やスタッフが丁寧にお答えいたします。

脱毛の照射部位

脱毛したい部位から施術料金や所要時間、気になる痛みやリスクについてご紹介いたします。

お近くのクリニックにご来院ください!

KM新宿クリニック

〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-46-5
KM新宿ビル8F

03-5272-0212
ご予約は
こちら

KM銀座クリニック

〒104-0061
東京都中央区銀座1-16-1
東貨ビル7F

03-6825-5561
ご予約は
こちら
ご予約 お問合わせ
ご予約 新宿院 銀座院