他のピーリングとの違い

他のピーリングとの違い

ケミカルピーリングにはさまざまな薬剤が使用されていますが、主にグリコール酸、サリチル酸、当クリニックがおすすめするアミノ酸に分けることができます。これらの酸には、それぞれ違いがありますので、自分の肌に合ったものを選ぶ必要があります。

アミノ酸ピーリング

アミノ酸ピーリングは皮膚を保湿しながらピーリングをすることができる薬剤です。乾燥に強いので乾燥肌の人や敏感肌の人も治療を受けることができます。また、グリコール酸などのフルーツ酸は皮膚への刺激が強いため、他のピーリングが難しい場合でも、アミノ酸ピーリングであれば可能なことが多いのです。ピーリング作用によりにきびやにきび跡にはもちろん、紫外線などによるシミなどにも改善が高い薬剤です。また、施術も肌に負担が少ない分2週間に1度治療することができます。

グリコール酸ピーリング

ケミカルピーリングの中でも多くのクリニックで扱われている薬剤です。グリコール酸は角質を剥がしながら毛穴のつまりも取り除くことができますので、ニキビが出きにくくなります。施術は2週間から3週間に1度受けることができます。

サリチル酸ピーリング

サリチル酸ピーリングは、他の薬剤に比べると高濃度で使用することができるので、作用が高く、副作用が少ない薬剤になっています。皮膚に溜まった油分もピーリングできるので、にきびなどにも改善があります。施術は1ヶ月に1度受けることができます。
施術料金はグリコール酸ピーリングに比べると高額で、施術後、肌が弱い方は乾燥してしまうこともあります。

お近くのクリニックにご来院ください!

KM新宿クリニック

〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-46-5
KM新宿ビル8F

03-5272-0212
ご予約は
こちら

KM銀座クリニック

〒104-0061
東京都中央区銀座1-16-1
東貨ビル7F

03-6825-5561
ご予約は
こちら
ご予約 お問合わせ
ご予約 新宿院 銀座院