しみ/そばかす フォトシルクプラス

しみそばかす治療について

老人性色素斑(老人性しみ)

まず代表的なのが、「老人性色素斑」で、日光性黒子とも呼ばれる日焼け記憶によるしみです。
30歳代から40歳以降に見られ、顔や手背、腕など日光=紫外線が当たったところを中心にできる、濃い褐色のしみで、境界が明瞭なのが特徴です。
しみの多くはこのタイプで、年齢などの理由で肌の代謝力が落ち、紫外線の影響で作られたメラニンが排出しきれずに蓄積していった結果、出てくるものです。 しみの中では、最もレーザー治療や光治療効果が高いものとなっています。

雀卵斑(そばかす)

雀卵斑(そばかす)もしみの一種です。鼻や目の周辺、手・背中・肩などにできる細かい斑点で、学童期・遺伝的に発生することが多いです。
レーザー治療でとることも可能ですが、紫外線の影響で濃くなったり、再発することもあるので注意が必要です。
散在しているしみや広範囲のしみに有効なフォトシルクプラスのほうが効果が期待できます。

脂漏性角化症(老人性いぼ)ほか

他にも角質汚れが原因の「くすみじみや、角質細胞の増殖によりイボのように若干膨らむ「脂漏性角化症」、 刺激によってできる摩擦じみの「摩擦黒皮症」など、いろいろな種類がありますが、フォトシルクプラスはほとんどのしみに対応可能です。

ニキビや肌荒れなどの炎症

ニキビや肌荒れなどの炎症や、脱毛などの刺激によるかぶれのあとがしみとなったものを「炎症性色素沈着」と言います。
レーザー治療後の色素沈着なども該当します。肌のターンオーバーがスムーズに行われることで、薄く目立たなくなりますが、 紫外線の影響を受けて濃くなる場合があります。レーザー治療、フォトシルクプラスが有効です。

フォトシルクプラス しみ・そばかすの種類や原因 pageTop

人気の診療メニュー

シミ治療フォトフェイシャルの進化版フォトシルクプラスのしみ・そばかすの種類や原因のご紹介ページです。新宿・銀座で二店舗を展開する美容外科・美容クリニックのKMクリニックです。美容皮膚科の専門医が患者様のお悩みに合わせ医療レーザー脱毛、ボトックス注射、しみ、そばかす、肝斑、しわ、たるみ治療等のアンチエンジングをサポート。ひげ脱毛等の男性向けメニューもございます。まずは無料相談にてお気軽にご相談ください。

KM新宿クリニック

〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-46-5
KM新宿ビル8F  アクセスはこちら
TEL:03-5272-0212
診察時間 11:00-19:00
電話受付 10:30-19:00
完全予約制となります。
休診日:年中無休(年末年始を除く)
西武新宿線「西武新宿」駅徒歩1分
JR地下鉄各線「新宿」駅徒歩5分
副都心線「東新宿」駅徒歩7分
山手線「新大久保」駅徒歩5分
中央総武線「大久保」駅徒歩6分

KM銀座クリニック

〒104-0061
東京都中央区銀座1-16-1
東貨ビル7F  アクセスはこちら
TEL:03-6825-5561
診察時間 11:00-19:00
電話受付 10:30-19:00
完全予約制となります。
休診日:月・木・年末年始
浅草線「宝町」駅徒歩2分
銀座線「京橋」駅徒歩3分
有楽町線「銀座一丁目」駅徒歩5分
日比谷線「東銀座」駅徒歩7分
山手線「有楽町」駅徒歩8分
地下鉄各線「銀座」駅徒歩8分