いぼ・ほくろの原因と治療法

いぼ・ほくろの原因と治療法

ほくろのできる原因

ほくろのできる原因は主に皮膚に当たる紫外線と考えられております。人間の肌は多量の紫外線を浴びることでメラノサイトによってメラニンが生成され、紫外線が吸収しやすくなります。もともとメラニン色素は体を守るための反応で、夏場など日焼けしやすい環境に身体が対応する防御反応とも言えます。
通常、新陳代謝が活発になることでお肌のサイクルが正常に働いていれば、肌は元の状態に復元されます。しかし、ストレスや生活習慣の乱れなど、何らかの異常をきたした時に皮膚の細胞が破壊されてほくろができることがあります。
また、紫外線以外にも下着の締め付けや履物などで繰り返しこすられるなどの外的な刺激によって皮膚が過剰にこすれたり、負荷がかかることで細胞が傷ついてしまうため生じることもあります。メラニンが作られる工程で、異常な刺激を受けるとメラノサイトが活性化しほくろは形成されやすくなります。

いぼの原因

老人性イボは皮膚の加齢減少で光老化が要因と考えれており、皮膚の良性腫瘍のひとつで、皮膚表皮が増殖したものを言います。自然に消滅する場合もありますが、高齢になってくると、消滅しなかったものが巨大化する事があります。

治療方法

ほくろやいぼの除去の方法は、主にレーザーで取り除く方法と、メスで切開する方法があります。
レーザー治療にはCO2レーザーと呼ばれる機械を使用しますが、小さくて浅いほくろやいぼに対して適応される治療法で、患部に照射することで一瞬のうちに蒸散させ出血はほとんどなく数分間の施術で簡単に完了しますので治りも早く、手軽に行える治療法と言えます。
レーザーでは取り切れないサイズのほくろやいぼは切除縫合法と言って切開して除去する方法もございます。どのような治療法が良いか医師とお気軽にご相談ください。

CO2レーザーと切開法の適応

CO2レーザーは主に隆起していない(5㎜以内のほくろ)状態のに適応される治療法で、患部の周囲に局所麻酔を施し、レーザー照射の熱によって色素細胞を破壊する治療法です。痛みも少なく、施術にかかる時間も数分と短いため比較的手軽は施術といえます。また、施術後の傷跡が目立ちにくくほとんどは1回で治療が終了するのでポピュラーな治療法です。

いぼ・ほくろ以外の症状も治療できる

CO2レーザー法で、いぼ・ほくろの他にも脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)、汗管腫(かんかんしゅ)、稗粒腫(ひりゅうしゅ)も治療できます。まずは医師・カウンセラーにご相談ください。

お近くのクリニックにご来院ください!

KM新宿クリニック

〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-46-5
KM新宿ビル8F

03-5272-0212
ご予約は
こちら

KM銀座クリニック

〒104-0061
東京都中央区銀座1-16-1
東貨ビル7F

03-6825-5561
ご予約は
こちら
ご予約 お問合わせ
ご予約 新宿院 銀座院