痩せない人の特徴と原因

痩せない人の特徴と原因を知ると、間違ったダイエットに気づくことができます。
健康的に美しく痩せ、リバウンドを繰り返さないためには、ダイエットに関する正しい知識が必要です。
食事制限もしているし、運動もしているのに全く痩せないのは、間違った知識でダイエットに取り組んでいるのかもしれません。

1. ダイエットがうまくいかない原因

こんなに頑張っているのになぜ痩せないのかと不思議に思う人は、食生活をチエックしてみましょう。

1-1. 食べ過ぎていませんか?

自分では少食のつもりでも、間食が多かったりして、必要以上のカロリーを摂取している場合もあります。
間食や清涼飲料水の食べ過ぎや飲みすぎなどを意識するだけでも、大幅に体重が増えることはありません。
運動で消費されるカロリーは、思うほど多くはないので、食事内容や間食について食べたものを3日でいいので書き出してみましょう。
唐揚げやハンバーガーなどに偏っているようなら、脂質の摂りすぎで太っています。
パンやご飯、うどんなどが多いようなら糖質の摂りすぎで太っています。

1-2. 食べなければ痩せるの?

痩せるために「炭水化物をなるべく食べないようにしている」「朝食は食べない」という人は逆に太ってしまいます。
早く痩せたいからと、思いこみで食事制限をしすぎるのも痩せない原因になります。
なぜなら、摂取カロリーを減らしすぎると、体は少ないエネルギーで生きていけるように、省エネモードになるからです。
せっかく摂取カロリーを抑えても、体の機能が省エネモードに切り替わると代謝が悪くなり、痩せにくくなってしまいます。

2. 痩せるために必要な栄養素と太りやすい栄養素について

痩せるために必要な栄養素はしっかり摂り、太りやすい栄養素は控えるなど、栄養バランスを整えたり、食べる順番やスピードなどに気を付けることで、食べる量を極端に減らさなくても痩せることができます。
私たちの体に必要な栄養素は、「タンパク質」「炭水化物」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」の5つです。これらの栄養素をバランスよく摂ることは、とても大事です。

2-1. 痩せるために必要な栄養素とは

脂肪を燃焼させる働きや筋肉をつける働きをする栄養素は、肉や魚、大豆製品などのたんぱく質です。
ダイエット中でも、たんぱく質は毎食食べないと美しくやせることができません。

2-2. 太りやすい栄養素とは

脂質が一番太りやすく、次が糖質といわれますが、食べる量にするとトンカツや唐揚げをそれほどたくさん食べることはないので、どちらともいえません。
脂質は、体温やホルモンのコントロール、細胞成分等に必要です。
また、糖質は脳や筋肉等を動かすのに必要です。
太りやすいからと言って脂質や糖質を極端に摂らないと、体に弊害が出てしまいます。

3. 運動しても痩せないのはなぜ?

毎日1万歩も歩いているのに一向に痩せないという人は、筋トレもやってみて下さい。
痩せるためには有酸素運動とともに無酸素運動の筋トレなどを行うことが大切です。
ランニングやウォーキングなどの有酸素運動は、脂肪を燃やすのに有効なのでダイエットに取り入れるのはおすすめです。
しかし、有酸素運動で消費できるカロリーは実はあまり多くありません。
有酸素運動だけで痩せようとするのは難しいようです。
頑張って速足で1万歩も歩いても、エネルギーが不足して、筋肉が分解されることになります。

3-1. 筋トレは大事

筋肉が多いほど基礎代謝が上がり、消費カロリーを増やすことができます。
基礎代謝とは、心拍や呼吸、体温維持などのために使われるエネルギーのことです。
筋トレで筋肉量を増やすことで、同じ運動量をしてもより多くのカロリーを消費できるようになります。
体重だけ落ちてもメリハリボディにはなれません。
筋トレを習慣にすることでできた筋肉は、体を引き締めてくれるので、見た目がスッキリとします。
メリハリのある美しいボディラインを目指すなら、筋肉の増量を目指すようにしましょう。

3-2. おすすめはスクワット

効率よく痩せるためには、お尻や太もも、背中などの大きな筋肉を中心に筋トレを行いましょう。
最もおすすめなのがスクワットです。
しゃがんで立ち上がる動作を繰り返すだけのトレーニングですが、お尻や太ももなど下半身の筋肉をバランスよく鍛えることができます。
慣れないうちは、イスの背などに手をそえて、ゆっくりおこないましょう。
7秒ほどかけてゆっくり腰を落とし、そこで2秒ほどキープして、また7秒ほどかけてゆっくり元に戻ります。
「二の腕が太いから」「太ももが気になるから」と部分痩せをしたい人が多いようですが、脂肪は全身からまんべんなく落ちていきます。
大きな筋肉にアプローチすることで、全体の筋肉量が増え、結果的には気になる部位の脂肪を落とすことになります。
スクワットはあらゆる生活習慣病の予防や改善にもなると言われているので、日々の習慣として取り入れてみませんか?
なお、ダイエットのための筋トレは、1日3セットが目安です。

4. まとめ

痩せない人の特徴は思い込みと、頑張りすぎにあるようです。
「脂質や糖質は太るから極力控える」「ウォーキングは毎日1万目標」などと決めておこなっても、健康的に美しく痩せることはできません。
バランスよく食べてバランスよく運動をすることで、メリハリのあるリバウンドしにくい体が作られます。

関連記事

  1. お尻を小さくするにはどうすればいいの?

  2. ダイエットの落とし穴にご注意!知っておきたいノンシュガーやカ…

  3. 痩身エステと医療痩身の違いとは?医療痩身のメリットとデメリッ…

  4. 脂肪燃焼を促す食材を摂って効率よく痩せよう!

  5. 毎日軽く体を動かしてダイエット

  6. アラフォーからのダイエットはなぜ痩せにくい?原因を解明してス…