痩身エステと医療痩身の違いとは?医療痩身のメリットとデメリットを解説!

エステでの痩身とクリニックでの医療痩身の違いは、「医療行為か否か」です。
エステでの施術は、医療資格が不要ですが、クリニックでの痩身治療は、医療行為なので医師免許が必要となります。
健康的できれいにやせなければ、痩せる意味がありません。
痩身エステと医療痩身の違いを理解し、双方の違いを知ったうえで自分に適した施術を受けましょう。
この記事では、痩身エステと医療痩身の違いとともに、近年よく耳にする医療痩身についての内容や、メリット、デメリットも分かりやすくお伝えします。

1. 痩身(そうしん)とは?

そもそも痩身(そうしん)とは、引き締まった身体のことを言います。
ただ、体重を落として痩せればいいといったものではなく、健康的で理想的なスタイルに近づけるのが痩身の目的です。
痩身は、医療痩身と痩身エステに分けられますが、それぞれに特徴や違いがあります。
長い時間をかけて癒されながら痩せたいなら痩身エステが、少しでも早く痩せたいなら医療痩身が向いています。

1-1. 痩身エステ

エステサロンでの施術内容は、痩身マシンをメインに使用するサロンや、手技中心のマッサージを行うサロンなど、それぞれ特徴があります。
また、痩身だけに特化したエステサロンは少なく、痩せやすいと言われるアロマオイルを使ったマッサージなども行い、癒しながら施術をおこなうサロンがほとんどのようです。
その他にも、サプリメントなども取り入れて、体質改善しながら、徐々に痩せやすい体を作って行くため、即効性は期待できません。

1-2. 医療痩身

クリニックなどで行われる医療痩身は、医学的根拠に基づく痩身治療で、医師免許が必要です。
内容は、医療従事者による治療で、注射、点滴、医療機器の使用、手術、内服治療などで、厚生労働省やFDAに認可された医療機器や薬剤を使用しています。
具体的には、超音波治療や脂肪吸引などで脂肪細胞の数を減らします。
近年では脂肪冷却施術やGLP-1注射なども注目を浴びていますが、医師と相談の上、ご自身の希望に合った痩身治療が選べます。

2. 医療痩身のメリットとデメリット

即効性や部分痩せも可能な医療痩身は、とても魅力的ですが、どんな医療行為もメリットがあればデメリットもあります。
医療痩身のメリットとデメリットをある程度知っておくことで、不安感を抱くことなく医療痩身を受けることができます。

2-1. 医療痩身のメリット

即効性

ダイエットをしたことがある人なら思いあたるでしょうが、食べないダイエットはシワが増えたり、やつれたように見えることがあります。
例えば、体重が減っても、お腹だけがポッコリでていたり、二の腕がフリ袖状態になることもあります。
また、運動で痩せようとジム通いをしても、お腹がすくと食べてしまうタイプの人は、かえって太ってしまいます。
医療痩身は、医学的根拠に基づいて体脂肪を減少させるため、運動が苦手な人や食事制限が辛い人にも即効性が期待できます。

部分痩せも可能

医療痩身痩身は、ふくらはぎ、太もも、二の腕、お腹、あごの下など、様々の部位の気になるところだけを引き締めることも可能です。

リバウンドしにくい

食事制限や運動によるダイエットは、脂肪細胞の大きさを小さくすることで痩せる仕組みになっています。
一方、脂肪溶解注射や脂肪冷凍術などによる医療痩身は、脂肪細胞の数を少なくするため、リバウンドしにくいのが特徴です。

2-2. 医療痩身のデメリット

定期的に通う必要がある

1回の治療で効果を実感できる医療痩身もありますが、納得できるまでには定期的に通う必要があります。

保険が適用されない

医療痩身は、自費診療で、保険が適用されません。費用が高額になるケースも多く、ある程度の金銭的な負担の覚悟がいります。
治療を受ける際は、事前に治療方法や、予算についてクリニックと話し合っておくことで不安がなくなります。

医療痩身注射の副作用

二の腕や太ももなどの部位に直接体内に注射する治療です。大豆アミノ酸やハーブエキス、ホルモンに由来するデオキシコール酸などがあります。
これらの注射は、人によっては施術を開始した初期段階で、胃の不快感や便秘、下痢、頭痛といった症状が現れることもあります。

3. まとめ

エステでの痩身と、クリニックでの医療痩身の違いを分かって頂けましたでしょうか?
長い時間をかけて気長に痩せるためのマッサージを続けたいのか、少しでも早く確実に体を引き締めたいかによって、痩身エステの施術を受けるか医療痩身の治療を受けるかが決まってきます。

少しでも早く痩せてきれいになりたい方には、医療痩身がおすすめです。
術前にカウンセリングをきっちり受けて、不安を取り除いておくことで、良い結果が得られることでしょう。

関連記事

  1. レコーディングダイエット

  2. 下半身はなぜ痩せにくい?原因と下半身ダイエットのコツを紹介

  3. 痩せるためには生活習慣の見直しが必要

  4. 部分痩せって可能なの?気になる顔、お腹まわり、お尻、脚やせ方…

  5. 無理なく5キロ痩せるための方法と続けるコツ

  6. 脳をだますとダイエットが楽になる