肥満と腸内環境の関係・デブ菌とヤセ菌

肥満と腸内環境はおおいに関係があり、食べても太らない人は、腸内フローラのバランスがよい人です。
腸内フローラには、デブ菌とヤセ菌が存在しており、肥満の人はデブ菌が多い傾向にあります。
痩せやすい体質になるには腸内フローラの改善が必要ですが、低脂肪、高食物繊維の食事を心がけるとともに、発酵食品を意識して摂ると、腸内フローラのバランスが整います。

1. 始めませんか?腸内フローラダイエット

腸内細菌のバランスが悪いと免疫力が低下して、代謝が悪くなってしまいます。
痩せやすい体質になるには、腸内フローラを改善することが大事ですが、生まれつき腸内バランスのよい人もいれば、そうでもない人もいます。腸内バランスは、食事を見直すことで、改善することができます。
健康的に痩せるには、太る食材(デブ菌のもと)を避け、痩せる食材(痩せ菌のもと)を摂ることです。

1-1. そもそも腸内フローラとは何か?

腸内フローラは、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)のことです。
フローラとは、「お花畑」といった意味合いを持っていますが、これは電子顕微鏡で見ると、600兆以上もの腸内細菌が、お花畑のように広がって見えることから、名づけられました。
腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類があり、この割合が善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割の状態が、最も理想的な腸内のバランスと言われています。

1-2. 3種類の腸内細菌の働き

善玉菌は、腸の運動を活発にします。ビフィズス菌や乳酸菌、フェーカリス菌、アシドフィルス菌などで、免疫力を上げる働きがあります。

悪玉菌は、有害物質を作る菌で、ウェルシュ菌(クロストリジウム)、大腸菌、黄色ブドウ球菌などです。

日和見菌は、体調が崩れた時には悪玉菌に変身してしまう菌で、バクテロイデスや連鎖球菌、大腸菌などです。

2. 痩せ菌とデブ菌について

痩せ菌(やせフローラ)はバクテロイデーテス類と言い、脂肪を燃焼させる働きをします。
一方、デブ菌(肥満フローラ)は、ファーミキューテス類と言い、脂肪をためこみます。この痩せ菌が6割、デブ菌が4割が理想と言われています。

2-1. 痩せ菌を増やす食べ物

痩せ菌のもとは、発酵食品や野菜類で、ビフィズス菌を含むヨーグルトやチーズ、納豆、味噌、ぬか漬け、キムチなどの発酵食品や海藻類、大豆類、きのこ類、もち麦、玉ねぎなどです。
年齢を重ねるたびにビフィズス菌が減少するため、理想的な腸内のバランスを保つのは難しくなりますが、意識して日々の食事で痩せ菌を増やす食べ物を摂ると40歳以上の大人世代の方も無理なく痩せていきます。

2-2. デブ菌を増やす食べ物

デブ菌のもとは、高脂肪で高糖分の食品で、白砂糖、加工肉、小麦粉、揚げ物などです。
ラーメンやハンバーガーなどファストフード類もデブ菌を増やす食べ物です。こういった食べ物をなるべく控えるだけでも、太りにくくなります。

3. 人によって違う?せ菌効果

痩せ菌を増やす食材を食べたからと言って、全員に効果があるとは言えません。腸内環境は、人によって違い、効果的な発酵食品や野菜も違ってくるからです。
自分に適した食材を見つけるには、何か一つの食材を選んで、2週間ほど食べ続けてみると合うか合わないが分かってきます。

例えばヤセ菌を増やすヨーグルトは、ビフィズス菌が入っているものがよいと言われていますが、ビフィズス菌入りの銘柄はたくさんあるので、食べ比べて自分にピッタリのも選ぶことが大事です。ヨーグルトが苦手な人は、同じ発酵食品の味噌汁でヤセ菌を増やすこともできます。人にもよりますが、日本人にはヨーグルトより味噌汁が合うという説もあります。

その他に野菜もヤセ菌を増やす食材です。野菜は、ビタミンAを含むニンジンなど赤い野菜 、ビタミンCを含むブロッコリーなど緑の野菜や、黄色い柑橘類などをバランスよく摂ることで腸内環境が整います。また、ナッツ類のビタミンEなども摂取するとよいでしょう。

3-1. 腸をキレイにする方法

ヤセ菌を増やすには、腸をキレイにすることが大事です。
私たちが口から食べたものは食道を通って胃に入り、5~6時間かけて分解され粥状になって十二指腸に運ばれ、脂肪が分解されます。
次に小腸で消化吸収され、余分な食べかすが大腸に送られ、肛門から便として排出されます。このサイクルが順調に繰り返されることで、腸内環境が整います。
有害物質が腸内にたまっていると腸の働きが悪くなってしまいますが 、ダイエットのためにご飯やパンなどの炭水化物を一切取らないでいると、便のかさが減りスッキリ感が得られません。便をしっかり出すことも腸をキレイにするひとつの方法です。

4. まとめ

腸は生き物の原点と言われています。慣れない断食や激しい運動を試みる前に、自分の腸内環境に目をあてましょう。
腸内フローラのバランスがよいと、痩せやすい体質になります。痩せ菌を増やす野菜や発酵食品を摂り、適度な運動と十分な睡眠をとることで腸内環境は整います。

関連記事

  1. お尻を小さくするにはどうすればいいの?

  2. 糖質制限ダイエットを効率的に行う方法

  3. 部分痩せって可能なの?気になる顔、お腹まわり、お尻、脚やせ方…

  4. 酵素ダイエット

  5. ストレス太りの原因はセロトニン不足から

  6. 無理なく5キロ痩せるための方法と続けるコツ