ボトックス注射の効果の持続性

ボトックス注射の特性

ボトックス注射は、メスを入れない方法でしわを取ったり、小顔になったりすることができる方法なのですが、効果は永久的に続くわけではありません。ただ、ボトックス注射を1回だけ注射するよりも、2回、3回と繰り返していくと、効果の持続が通常よりも長く続くと言われています。 コンプレックスになっている部分を少しでも目立たなくし、自信が持てるようにするために、上手にボトックス注射を利用してみることを考えていきましょう。

ボトックス注射の持続性は

ボトックス注射の効果は、数ヶ月から1年程と言われていますが、個人差がありますので、1年以上もつ人もいるようです。ただ、全体的に半年を過ぎると効果が薄くなっていく傾向があります。 ボトックス注射は、効果が弱まってきた時に追加して注射をすることができますが、前回注射をした日から数えて数ヶ月経っていなければ治療ができない場合があります。

ボトックス注射の効果を長持ちさせるためには

ボトックス注射はしわや小顔、多汗症や筋肉による痩身など、広く利用されていますが、できるだけ効果を長く続けさせるように、日頃の生活もしっかり注意しておかなければなりません。 例えば、ボトックスは熱に弱いですので、施術後の3日程度は温まることは避けて頂き、サウナや汗をかくような激しい運動は避けて頂きます。 患部の筋肉を使わなければ、筋肉が萎縮し、追加でボトックス注射を受けたときに長持ちするのです。

お近くのクリニックにご来院ください!

KM新宿クリニック

〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-46-5
KM新宿ビル8F

03-5272-0212
ご予約は
こちら

KM銀座クリニック

〒104-0061
東京都中央区銀座1-16-1
東貨ビル7F

03-6825-5561
ご予約は
こちら
ご予約 お問合わせ
ご予約 新宿院 銀座院