ほくろ除去で再発することはある?再発を防ぐためには|美容皮膚科・美容外科のKMクリニック新宿・銀座

ホーム 診療メニュー CO2レーザーについて ほくろ除去で再発することはある?再発を防ぐためには

ほくろ除去で再発することはある?

一度できてしまうと気になって仕方がないのが、ほくろ。最近では簡単な手術で気軽に取り除くことができますが、「もし再発したらどうしよう!?」と心配になります。ほくろの再発の可能性と再発を防ぐ方法についてお伝えします。

ほくろ除去で再発することはあるの?

結論から言いますと、ほくろ除去後に再発する可能性はあります。原因は主に2つ挙げられます。ほくろの除去は大きく分けて

1.

レーザー手術で焼く

2.

メスで切り取る

という2つの方法がありますが、その手軽さからレーザー治療を利用する方が圧倒的に多いのです。

しかしこのレーザー治療だと、ほくろが大きくて皮膚の奥深くまでほくろの原因となる細胞「メラノサイト」が入り込んでいる場合100%取り除くことはできないのです。メスを使ってほくろの細胞を全部取り除けば再発はないのですが、レーザー治療によってメラノサイトが残ってしまった場合、時間の経過とともにまたほくろが成長してきてしまうという可能性があるのです。これがほくろの再発の原因の1つ目です。

2つ目の原因は、ほくろを取り除いた場所に紫外線が当ってしまい、わずかに残っているメラノサイトを刺激して再度ほくろに変化させてしまうということ。メラノサイトは紫外線に弱いため、ケアを怠ると再発を促してしまいます。

ほくろ除去後に再発することを防ぐには?

ほくろの再発を防止するための唯一の方法は、とにかく患部のケアをしっかりすることにつきます。病院でほくろを取り除く手術をした後は、ほとんどの場合患部を保護するためのテープを貼るように言われます。医師の指示通りに一定期間は保護テープを必ず貼るようにしましょう。また軟膏を処方された場合は、指示を守ってしっかり塗布することも大切です。

ほくろ除去の際、顔のほくろを取る方も多いかと思いますが、顔は人間の体で最も皮膚が薄くデリケートな場所です。なので、少しでもほくろ除去後のケアをさぼると再発する可能性があります。保護テープを貼る期間が終わった後も、外出するときには紫外線ケアを忘れない、などの気配りが必要です。

ほくろ除去後の再発について

ほくろ除去後の再発の可能性は、特にレーザー治療後であれば十分にありえます。そのため、治療後はほくろ跡を保護テープでしっかり守り、さらに日常的な紫外線対策を怠らないようにしましょう。

WEBからのご予約はこちら
○○で悩んでる...でもどうしたらいいか分らない...
まずはメール無料相談
お電話でのお問い合せ・ご予約は TEL:03-5272-0212 電話受付時間:10:30 - 19:00 年中無休 お電話でのお問い合せ・ご予約は TEL:03-6825-5561 電話受付時間:10:30 ー 19:00 休診:月・木

クリニックのご紹介

KM新宿クリニック
東京都新宿区歌舞伎町2-46-5 KM新宿ビル8F
TEL:03-5272-0212
診察時間 11:00-19:00、電話受付 10:30-19:00
完全予約制となります。
休診日:月・木・年末年始
西武新宿線「西武新宿」駅徒歩1分
JR地下鉄各線「新宿」駅徒歩5分
副都心線「東新宿」駅徒歩7分
山手線「新大久保」駅徒歩5分
KM銀座クリニック
東京都中央区銀座1-16-1 東貨ビル7F
TEL:03-6825-5561
診察時間 11:00-19:00、電話受付 10:30-19:00
完全予約制となります。
休診日:月・木・年末年始
浅草線「宝町」駅徒歩2分
銀座線「京橋」駅徒歩3分
有楽町線「銀座一丁目」駅徒歩5分
地下鉄各線「銀座」駅徒歩8分
this page top