ほくろ除去で痛みはある?|美容皮膚科・美容外科のKMクリニック新宿・銀座

ホーム 診療メニュー CO2レーザーについて ほくろ除去で痛みはある?

ほくろ除去で痛みはある?

ほくろが気になって仕方ない時には、ほくろを取ってしまうのも一つの手です。ただ、ほくろ除去での心配事として、取る時にどのくらい痛みがあるのかということがあります。ここではほくろ除去を行う際に痛みはあるのかご紹介していきます。

ほくろ除去で痛みはあるの?

ほくろ除去が痛いか、痛くないかで言えば「痛い」です。ただし、この痛みはほくろを除去する際の痛みではありません。ほくろ除去の方法としては炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)やメスで切開したり、ほくろをくり抜いたりするやり方があり、いずれも基本的に局所麻酔をして行います。ですから、これらの施術中に痛みを感じることはほとんどありません。

一番痛みを感じるのは局所麻酔を行う時です。特に顔には神経が密集していますので、細い針で注射をしたとしても痛みを感じてしまうのです。局所麻酔をする際には施術する箇所とその周囲に対して数回に分けて行います。ただし、一度麻酔をするとその周囲の感覚も鈍くなっていきますから、2回目、3回目以降の注射ではそこまで痛みを感じることはありません。

痛みのないほくろ除去の方法は?

痛みのないほくろ除去の方法としては、以下の2種類があります。

1.

局所麻酔を行わない

2.

局所麻酔の痛みを軽減する

局所麻酔をしないやり方として、「Qスイッチレーザー」による治療があります。顔にレーザーを当ててほくろを薄くする方法で、この時は局所麻酔を行うことはありません。レーザーの痛みも「輪ゴムで弾かれる程度」と言われており、ほかの治療と比べて我慢できる痛みです。ただし、痛みの感じ方は人それぞれです。Qスイッチレーザーでも痛みが強い方は局所麻酔を行うことがありますから、レーザーによる痛みに耐えられるかどうか治療の前にテストしてみるのがいいでしょう。

局所麻酔を軽減する方法には麻酔クリームがあります。局所麻酔を行う前にクリームによる処置を行うことで、いわば簡易版の局所麻酔を行うことができるのです。ただし、これらの麻酔は皮膚の奥まで届きませんから、切開などをする際には注射による局所麻酔が必要となるのです。

ほくろを除去する際に、少しでも痛みなく終わりたいという方は多いと思います。肌を切ったり焼いたりする以上、全くの無痛で行うことは難しいのですが、麻酔の仕方によって痛みを和らげることができます。注射が嫌いな人は局所麻酔を行わないQスイッチレーザーという方法もあります。

WEBからのご予約はこちら
○○で悩んでる...でもどうしたらいいか分らない...
まずはメール無料相談
お電話でのお問い合せ・ご予約は TEL:03-5272-0212 電話受付時間:10:30 - 19:00 年中無休 お電話でのお問い合せ・ご予約は TEL:03-6825-5561 電話受付時間:10:30 ー 19:00 休診:月・木

クリニックのご紹介

KM新宿クリニック
東京都新宿区歌舞伎町2-46-5 KM新宿ビル8F
TEL:03-5272-0212
診察時間 11:00-19:00、電話受付 10:30-19:00
完全予約制となります。
休診日:月・木・年末年始
西武新宿線「西武新宿」駅徒歩1分
JR地下鉄各線「新宿」駅徒歩5分
副都心線「東新宿」駅徒歩7分
山手線「新大久保」駅徒歩5分
KM銀座クリニック
東京都中央区銀座1-16-1 東貨ビル7F
TEL:03-6825-5561
診察時間 11:00-19:00、電話受付 10:30-19:00
完全予約制となります。
休診日:月・木・年末年始
浅草線「宝町」駅徒歩2分
銀座線「京橋」駅徒歩3分
有楽町線「銀座一丁目」駅徒歩5分
地下鉄各線「銀座」駅徒歩8分
this page top