イボ除去に保険適用はできるの|美容皮膚科・美容外科のKMクリニック新宿・銀座

ホーム 診療メニュー CO2レーザーについて イボ除去に保険適用はできるの

イボ除去に保険適用はできる?

イボ治療が保険適用かどうかですが、それは、診療科と治療内容によって異なります。イボ治療を行える診療科は、皮膚科・美容外科・美容皮膚科の3つです。美容外科、美容皮膚科の場合は医師の判断でも変わってきますが、基本的には保険適用されません。皮膚科の中でも保険が適用される治療と保険適用外の治療があります。

保険適用できる治療はどれ?

では、保険が適用する皮膚科での治療が何なのか詳しく見ていきましょう。まず皮膚科で基本的にイボ治療として受けられるのは以下の3つです。

1.

レーザー治療

2.

液体窒素

3.

内服薬

この中で、保険適用できる治療は「液体窒素」と「内服薬」です。内服薬は効き目に個人差があることと時間がかかることが多いので、液体窒素の方が早く効果を感じることができますし、保険適用なので価格的な意味でもおすすめです。レーザー治療は、シミやほくろの治療にも用いられるため保険適用外で医院により価格はバラバラです。

自由診療のみと保険適用可能な治療法の違いとは?

保険適用されるか、されないかの違いとは一体何なのでしょうか?簡単に言ってしまえば、単純にイボを治したいのか・綺麗にイボを治したいのかという部分です。保険は、病気やケガを治すために自己負担額が軽減される制度です。ですから、綺麗にイボを治したい場合は、美容目的と判断されるため保険が使えなくなります。

レーザー治療は、ホクロやシミ消しにも使われますし、レーザーを当てることで肌の細胞が活性化し、当てた部分の肌を綺麗にするなどの効果も見込めるので美容外科・美容皮膚科などで使われることが多いため美容目的と判断されます。そのために保険適用外となります。

一方の液体窒素治療は保険適用で治療をすることができますが、治療完了まで複数回通院する必要があり、加えて治療後には跡が残ってしまう可能性もあります。

保険適用できるイボ除去方法

どうせなら保険が利く“液体窒素治療”を検討している方が多いのではないでしょうか?ですが液体窒素治療も回数を重ねる必要がありますし、跡が残るのは嫌だと感じる方もいることでしょう。ですからイボができている部位などで自分に合った治療法を選ぶのがベストでしょう。自己判断よりも医師の判断の方が適切ですから一度診察してから決めるのがおすすめです。

WEBからのご予約はこちら
○○で悩んでる...でもどうしたらいいか分らない...
まずはメール無料相談
お電話でのお問い合せ・ご予約は TEL:03-5272-0212 電話受付時間:10:30 - 19:00 年中無休 お電話でのお問い合せ・ご予約は TEL:03-6825-5561 電話受付時間:10:30 ー 19:00 休診:月・木

クリニックのご紹介

KM新宿クリニック
東京都新宿区歌舞伎町2-46-5 KM新宿ビル8F
TEL:03-5272-0212
診察時間 11:00-19:00、電話受付 10:30-19:00
完全予約制となります。
休診日:月・木・年末年始
西武新宿線「西武新宿」駅徒歩1分
JR地下鉄各線「新宿」駅徒歩5分
副都心線「東新宿」駅徒歩7分
山手線「新大久保」駅徒歩5分
KM銀座クリニック
東京都中央区銀座1-16-1 東貨ビル7F
TEL:03-6825-5561
診察時間 11:00-19:00、電話受付 10:30-19:00
完全予約制となります。
休診日:月・木・年末年始
浅草線「宝町」駅徒歩2分
銀座線「京橋」駅徒歩3分
有楽町線「銀座一丁目」駅徒歩5分
地下鉄各線「銀座」駅徒歩8分
this page top