イボ除去のおすすめ治療方法は|美容皮膚科・美容外科のKMクリニック新宿・銀座

ホーム 診療メニュー CO2レーザーについて イボ除去のおすすめ治療方法は

イボ除去のおすすめ治療方法は

イボにはさまざまな種類があり、中には摩擦や紫外線が原因でできるものもあります。そのためイボ治療の方法も様々で、イボができた原因によりそれぞれ異なります。確実にイボを除去するために、どのような治療法が効果的なのか見ていきましょう。

イボ除去の治療方法一覧

液体窒素療法

約マイナス200度の液体を患部に付けることによって低温やけどを起こし、肌の浅い部分にある表皮細胞を破壊する治療法です。治療期間はイボの大きさや数で異なり、全て除去したあと色素沈着がなくなるまで半年から1年程かかります。

炭酸ガスレーザー

レーザーを患部に当て、イボ全体を削り取る治療法です。ほとんどの場合、1日で全てのイボを除去することが出来ます。治療後1週間は強く赤みが出ますが、2ヶ月ほど経てば目立たなくなります。

電気メス

電気メスでイボを焼き切る治療法です。術後患部がへこんだ状態になりますが2週間ほどで目立たなくなります。手術のあとが分からなくなるまでは、3ヶ月程かかります。

イボ除去で最もおすすめの治療方法はレーザー治療

上記では3つの治療法を紹介しましたが、その中でも最もおすすめなのは炭酸ガスレーザーでの治療です。

炭酸ガスレーザーは切開・蒸散能力が高いレーザーで、皮膚科、眼科、耳鼻科などでも幅広く使われています。治療対象の症状も、イボやホクロの除去、ニキビ、盛り上がったシミ、うおのめなど様々で、「切らない」「出血が少ない」「治療時間が短い」ことから、皮膚治療に最適な医療機器だと言われています。凸凹している部分や、メスが入りにくい小鼻やまぶた周辺などによく用いられます。

レーザー治療のおすすめポイントは

炭酸ガスレーザーでの治療をおすすめする一番の理由は、「ダウンタイムが短いこと」です。先程も記述した通り炭酸ガスレーザーは、切開・蒸散能力が高いレーザーです。そのため他の治療法と比べると圧倒的に仕上がりが綺麗で、色素沈着や炎症が起こりにくく、治療後のダウンタイムが非常に短いです。

2つ目の理由は治療時間が短いことです。小さなイボなら数分と施術の時間も短いですが、削る範囲や深さを細かく設定できるため、ある程度の数や大きさであればほとんどがその日のうちに除去出来てしまいます。

またレーザー光を照射した途端に熱凝固作用が働き、治療箇所周辺の血液が固まるため、出血はほとんどありません。

イボ除去のおすすめ治療方法について

イボを除去する治療法は様々です。どの治療にもメリット・デメリットがありますが、治療法を選ぶ際のポイントは、自分が何を一番優先したいかだと思います。ぜひ一度考えてみてください。

WEBからのご予約はこちら
○○で悩んでる...でもどうしたらいいか分らない...
まずはメール無料相談
お電話でのお問い合せ・ご予約は TEL:03-5272-0212 電話受付時間:10:30 - 19:00 年中無休 お電話でのお問い合せ・ご予約は TEL:03-6825-5561 電話受付時間:10:30 ー 19:00 休診:月・木

クリニックのご紹介

KM新宿クリニック
東京都新宿区歌舞伎町2-46-5 KM新宿ビル8F
TEL:03-5272-0212
診察時間 11:00-19:00、電話受付 10:30-19:00
完全予約制となります。
休診日:月・木・年末年始
西武新宿線「西武新宿」駅徒歩1分
JR地下鉄各線「新宿」駅徒歩5分
副都心線「東新宿」駅徒歩7分
山手線「新大久保」駅徒歩5分
KM銀座クリニック
東京都中央区銀座1-16-1 東貨ビル7F
TEL:03-6825-5561
診察時間 11:00-19:00、電話受付 10:30-19:00
完全予約制となります。
休診日:月・木・年末年始
浅草線「宝町」駅徒歩2分
銀座線「京橋」駅徒歩3分
有楽町線「銀座一丁目」駅徒歩5分
地下鉄各線「銀座」駅徒歩8分
this page top