ほくろ除去の安い治療方法は?|美容皮膚科・美容外科のKMクリニック新宿・銀座

ホーム 診療メニュー CO2レーザーについて ほくろ除去の安い治療方法は

ほくろ除去の安い治療方法は?

美容クロニックや皮膚科で行われるほくろの除去は高額なイメージがありますよね。ほくろが気になる人の中には、なるべくならコストを抑えたいという考えの人もいるのではないでしょうか。

ほくろ除去の最も安い方法は?

ほくろを除去したい時に、コストを最も安く抑えられるのが自宅で行う方法です。最近では、ほくろ除去クリームなどをドラッグストアで手軽に購入することができます。ほくろ除去クリームは化学成分により、ほくろを焼いて破壊するものです。組織が破壊されたほくろは、その後かさぶたとなって剥がれ落ちますが、必ずしも綺麗に仕上がるというわけではありません。周りの皮膚も火傷した状態になるので、跡が残ってしまうような可能性もあります。

病院でほくろ除去を安く行うには?

ほくろ除去を行う上で、やはり安心なのが病院やクリニックで行うことです。ほくろ除去を行っている診療科は、皮膚科と美容外科・美容皮膚科があります。一般に、ほくろ除去は健康保険が適用にならないため、治療費はすべて自己負担になります。一方、保険適用でほくろが除去できれば、コストをぐっと下げることが可能です。以下のようなケースは皮膚科ではほくろの除去に保険が適用されるため、主治医に相談してみるとよいでしょう。

1.

ほくろがあることにより、日常生活に支障が出ている場合(着替え時に引っかかる、髭剃り時に出血があるなど)

2.

ほくろが皮膚の悪性腫瘍の可能性がある場合

3.

ほくろとよく似た皮膚疾患である場合(扁平母斑、太田母斑など)

ほくろ除去を安く行う際の注意点は?

ほくろ除去を安く済ませるには、自分に合った治療法を選ぶことが大切です。ほくろ除去で最も多く行われているのはレーザー治療です。しかし、レーザーの種類によっては、自分のほくろと合わずに以前よりも濃くなってしまったというケースも少なからずあるものです。そうなると、新たにほかのレーザーを選択することになり、治療費がかさむ原因になります。とはいえ、自分のほくろに合うレーザーを見つけるのは、医師の仕事になります。ほくろ除去をする場合は、症例が多い病院を選ぶこともひとつのポイントです。

ほくろ除去にかかるコストを安くするなら、自分で行う方法があります。しかし、自宅でのほくろ除去は肌トラブルの原因にもなりやすいので、きちんと医療機関を受診するようにしましょう。

WEBからのご予約はこちら
○○で悩んでる...でもどうしたらいいか分らない...
まずはメール無料相談
お電話でのお問い合せ・ご予約は TEL:03-5272-0212 電話受付時間:10:30 - 19:00 年中無休 お電話でのお問い合せ・ご予約は TEL:03-6825-5561 電話受付時間:10:30 ー 19:00 休診:月・木

クリニックのご紹介

KM新宿クリニック
東京都新宿区歌舞伎町2-46-5 KM新宿ビル8F
TEL:03-5272-0212
診察時間 11:00-19:00、電話受付 10:30-19:00
完全予約制となります。
休診日:月・木・年末年始
西武新宿線「西武新宿」駅徒歩1分
JR地下鉄各線「新宿」駅徒歩5分
副都心線「東新宿」駅徒歩7分
山手線「新大久保」駅徒歩5分
KM銀座クリニック
東京都中央区銀座1-16-1 東貨ビル7F
TEL:03-6825-5561
診察時間 11:00-19:00、電話受付 10:30-19:00
完全予約制となります。
休診日:月・木・年末年始
浅草線「宝町」駅徒歩2分
銀座線「京橋」駅徒歩3分
有楽町線「銀座一丁目」駅徒歩5分
地下鉄各線「銀座」駅徒歩8分
this page top