しみ・そばかす

しみ・そばかすについて

しみ・そばかす

最先端の治療でしみ・そばかす・肝斑(かんぱん)。
あなたの悩みが解決します!

年を重ねるごとに気になってくるしみ・そばかす。この症状は、人によって様々な原因があります。当クリニックでは、豊富な治療法の中から、あなたのお悩みにアプローチしていきます。


しみ・そばかすが生まれる原因

お肌にとって、紫外線から肌を守るためのメラニン。黒褐色をしているこの色素は、お肌の基底層で作られ、真皮層、表皮へと移動していきます。通常はお肌のターンオーバー作用で角質となり、汚れとして落ちていきます。しかし、何らかの原因でターンオーバーが上手くいかず、メラニンが表皮へ出てこず、肌の奥でとどまってしまいます。これがしみやそばかすが生まれる原因です。

原因1.紫外線

小さなころから浴びた紫外線により、肌の中には、メラニンがどんどんと蓄積されていきます。若い頃は新陳代謝が良いため、メラニンも消えやすいですが、年を重ねると新陳代謝が悪くなり、ターンオーバー機能が低下します。その結果肌の奥にメラニンが残りしみやそばかすになります。

原因2.精神的ストレス

メラニン細胞は、脳下垂体からの命令で分泌されるホルモンにより生成されます。精神的ストレスが溜まると、このホルモンが異常分泌され、メラニンが過剰に増えてしみ・そばかすを作り出します。

原因3.ホルモンバランス

女性の生理的リズムは、ホルモンバランスによって成り立っています。しかし、ホルモンバランスが崩れることで、メラニン色素の過剰分泌を促し、しみやそばかすとなります。

原因4.体質・食生活

食生活が乱れると、体質によっては、メラニン色素が増えてしまいます。その結果、しみ・そばかすが増えていきます。

しみ・そばかすの種類

しみ・そばかすは大きく分けて、5つあります。種類によって、原因や症状、治療方法が異なってきます。

老人性色素斑 (老人性しみ)

老人性色素斑

しみ・そばかすができる一般的な理由として挙げられるのが、老人性色素班です。加齢とともに、新陳代謝が低下してしまうため、メラニン色素が肌に残ってしまいます。形としては、比較的大きく、褐色の円形をしています。通常は30代から出てきますが、体質によっては20代でも出てくることがあります。

治療法はこちら


脂漏性角化症 (老人性イボ)

脂漏性角化症 (老人性イボ)

見た目は、褐色をしているイボで、色はしみやホクロと似ていますが、実際は肌に凹凸ができていく良性の腫瘍の一種です。時間とともに増えていくため、初期の間に処理をすることをお勧めします。

治療法はこちら


雀卵斑 (そばかす)

雀卵斑 (そばかす)

一般にそばかすと呼ばれる褐色の班です。サイズは、しみと比べるととても小さく楕円形をしています。こちらはしみとは異なり先天的な体質として生じることが多いです。

治療法はこちら


肝斑 (かんぱん)

肝斑 (かんぱん)

30代を過ぎたころから現れる女性に多い症状です。茶褐色をした班が、顔に左右対称に表れます。目尻の下や頬に多くできるのも特徴です。女性特有の婦人系の病気やホルモンバランスの乱れが影響して出来ることが多いです。長期にわたると、メラニンが肌に定着してしまい、大きなしみになっていきます。しみだと思っていたものが実は肝斑だったということも多いので注意が必要です。

治療法はこちら


炎症後色素沈着

頬にできたニキビを潰した場合など、炎症が起こった後にお肌に残る色素班です。多くの場合、茶褐色をしていて、1年以上色素沈着が残っていることが多いです。

治療法はこちら

しみ・そばかすの治療法

しみ・そばかすの治療にあたっては、原因に応じた対処法が必要となります。光治療やレーザー、ピーリングや内服など、お客様の症状や体質に合わせた様々な治療法で、しみ・そばかすを改善していきます。

老人性色素斑の治療法

フォトシルクプラス

様々な治療法の中でも最先端の機器を使って行うフォトシルクプラスは、透明感あふれる肌になれると人気の治療法です。イタリアで開発されたフォトシルクプラスは、光治療によってお肌を美しくします。UPLというメラニンへの反応率の高い光を照射することで、原因となるメラニンを除去していきます。光治療後は、メラニン細胞が表皮へと押し上げられ、1週間~10日ほどで落ちていきます。美白にも効果があると言われており、お肌にもハリやツヤが出てきます。

詳細

脂漏性角化症 (老人性イボ)の治療法

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)

脂漏性角化症の場合、肌に凹凸ができてしまっています。これを除去するために用いるのが炭酸ガスレーザーです。炭酸ガスが体内中の水分に反応して熱エネルギーとなり、患部除去が可能となります。老人性イボができている部位に炭酸ガスレーザーを照射すると、イボ内部の水分に反応して患部がポロっと剥がれます。通常は1度照射するだけで、イボが改善され、傷跡なども残りにくくなっています。この熱反応は瞬間的な反応のため、特に大きな痛みが生じることもなく、楽に治療を受けていただけます。

詳細

雀卵斑 (そばかす)の治療法

フォトシルクプラス

老人性色素班でもご紹介したフォトシルクプラスは、そばかすの治療にも効果があります。UPL光線をそばかす部位にあてることで、そばかすをお肌の深部から改善していきます。また、光の作用でお肌のターンオーバーが促進され、ハリとつやのある美肌を作り出します。

詳細

肝斑 (かんぱん)の治療法

トランサミン

様々なしみ治療の薬の中でもメジャーとなっているのがトランサミンです。こちらは内服薬として処方されるもので、美白効果が期待できます。また、内服だけでなく、クリニックでの化粧品ではトラネキサム酸が配合されているものもあり、肝斑に有効です。

詳細

炎症後色素沈着の治療法

ケミカルピーリング

お肌に薄めた酸性のアミノ酸を塗り、表皮に蓄積した角質層を取り除いていきます。また、お肌への直接刺激によって新陳代謝を促す治療法のため、ニキビの生成やくすみなど、しみやそばかす以外の症状も改善されていきます。

詳細

メディカルコスメ(医療機関専売品)の治療法

メラフェード(メラフェードT、メラフェードモイストエッセンス、メラフェードエマルジョン)

しみやくすみ、また、肝斑などメラニン色素の定着によって起こるお肌の変化におすすめなのが、メラフェードです。シリーズ展開している商品です。メラフェードTには、トレチノイン0.1%&ハイドロキノンも4%配合されているので、美白効果も期待できます。メラフォードモイストエッセンスは、高濃度ヒアルロン酸が配合されておりお肌に潤いを閉じ込める保湿効果があります。また、メラフェードエマルジョンには、αアルブチンやリン酸アスコルビン酸Mgが配合されています。これらの成分は、しみやそばかすの原因となるメラニン細胞の生成を抑える効果を持っています。

ルミキシル

しみやそばかす、肝斑の改善には、やはり肌質の改善も必要となってきます。ルミキシルというLumixyペプチドが配合されているクリームを症状が出ている部位を重点的に塗っていくことで、メラニン細胞のある基底層へとアプローチしていけます。ルミキシルには、メラニンの生成を遅らせる働きがあり、これは美白薬として名高いハイドロキノンのおよそ17倍ものになっています。また、成分的にも刺激が少なく、毒性もないため、お肌にも低刺激、長期間使用可で取り入れやすい治療法です。

詳細

  • 料金
  • ご予約はこちら
  • お問い合わせ

しみ・そばかす PageTop

人気の診療メニュー

しみ・そばかすのページです。新宿・銀座で二店舗を展開する美容外科・美容クリニックのKMクリニックです。美容皮膚科の専門医が患者様のお悩みに合わせ医療レーザー脱毛、ボトックス注射、しみ、そばかす、肝斑、しわ、たるみ治療等のアンチエイジングをサポート。ひげ脱毛等の男性向けメニューもございます。まずは無料相談にてお気軽にご相談ください。

  • 0352720212
  • 今月のキャンペーン
  • WEBからご予約
  • 悩みはあるが何をしたらいいかわからない。という方!まずはご相談ください。
  • 診療料金
  • ご紹介制度
  • リクルート
  • 公式フェイスブックページfacebook page
  • 医療レーザー脱毛
  • 脱毛男性メニュー
  • 男性メニュー
  • 未成年者親権者承諾書ダウンロード
  • 問診ダウンロード

KM新宿クリニック

〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-46-5
KM新宿ビル8F  アクセスはこちら
TEL:03-5272-0212
診察時間 11:00-19:00
電話受付 10:30-19:00
完全予約制となります。
休診日:年中無休(年末年始を除く)
西武新宿線「西武新宿」駅徒歩1分
JR地下鉄各線「新宿」駅徒歩5分
副都心線「東新宿」駅徒歩7分
山手線「新大久保」駅徒歩5分
中央総武線「大久保」駅徒歩6分

KM銀座クリニック

〒104-0061
東京都中央区銀座1-16-1
東貨ビル7F  アクセスはこちら
TEL:03-6825-5561
診察時間 11:00-19:00
電話受付 10:30-19:00
完全予約制となります。
休診日:月・木・年末年始
浅草線「宝町」駅徒歩2分
銀座線「京橋」駅徒歩3分
有楽町線「銀座一丁目」駅徒歩5分
日比谷線「東銀座」駅徒歩7分
山手線「有楽町」駅徒歩8分
地下鉄各線「銀座」駅徒歩8分