ほくろ・いぼ除去

イボ除去は皮膚科でできる?美容クリニックと皮膚科の治療の違い。

気になるイボは病院で除去することができますが、その際の病院選びを間違えてしまうと、仕上がりに大きな差が生じる可能性が広がります。今回は、美容クリニックと皮膚科でイボ除去にはどのような違いがあるのかをご紹介していきます。

イボ除去は皮膚科で行った方が良い?

一般的な皮膚科では、イボをはじめとするさまざまな皮膚疾患の治療を受けることができ、それらの治療は保険適用内で行うことができるという部分が、皮膚科の最も大きなメリットであるということです。

一方で、皮膚科では外観の仕上がりを重視するのではなく、単純にイボを除去するという視点で治療が行われますので、除去後には傷跡が残る可能性があるというデメリットがあります。つまり、傷跡が残ろうがどうしようがイボさえ取れればいいというのであれば皮膚科の治療で十分ですが、できる限り傷跡が残らず美しい仕上がりを望んでいるのであれば、皮膚科でのイボ除去はあまりおすすめできません。

美容クリニックと皮膚科の違いはどこ?

まず、皮膚科治療は保険適用内、美容クリニックは保険適用外の治療になるという違いがあります。皮膚科では液体窒素治療、レーザー、メスや医療用ハサミによる切除手術が用意されており、これらの治療では、大きなイボであっても保険適用内で取り除くことが可能です。ところが、ほとんどの皮膚科には、それらの治療によってできた傷跡を改善する治療手段が用意されていません。

一方の美容クリニックでは、炭酸ガスレーザー、Qスイッチルビーレーザー、QスイッチYAGレーザーなどのレーザー治療器が導入されていることが多く、イボの状態によってマシンを使い分けながら治療を行います。

一方の美容クリニックでは、炭酸ガスレーザー、QスイッチYAGレーザーなどのレーザー治療器が導入されていることが多く、イボの状態によってマシンを使い分けながら治療を行います。さらに、万が一傷跡が残ってしまったとしても、ケミカルピーリングやイオン導入、ハイドロキノン外用薬などの治療手段が用意されていますので、傷跡の心配を気にすることなく治療を受けることができます。

イボ除去は美容クリニックで行う?皮膚科で行う?

保険適用内と保険適用外では、治療費の負担額が大きく変わります。ですが、治療後の傷跡をなるべく残したくないというのであれば、イボ除去治療後の仕上がりにもこだわった、美容クリニックによる治療がおすすめできます。

特に大きなイボの場合では、皮膚科の治療では傷跡が残る可能性が考えられますので、ひとまず美容クリニックでカウンセリングを受けてみて、治療方法やイボ除去効果、費用などについての詳細を確認してみてはいかがでしょうか。

皮膚科のイボ除去について

仕上がりの外観を重視したイボ除去治療を受けたいのであれば、皮膚科よりも美容クリニックのほうがおすすめです。美容治療は保険適用外となりますが、美しい仕上がりを期待できます。イボでお悩みなのであれば、まずは美容クリニックに相談し、治療を前向きに検討してみると良いでしょう。

  • 料金
  • ご予約はこちら
  • お問い合わせ

ほくろ除去 PageTop

人気の診療メニュー

  • 03527202120368255561
  • 今月のキャンペーン
  • WEBからご予約
  • 悩みはあるが何をしたらいいかわからない。という方!まずはご相談ください。
  • 診療料金
  • ご紹介制度
  • スタッフブログ
  • 公式フェイスブックページfacebook page
  • KM新宿クリニック公式インスタグラム
  • 医療レーザー脱毛
  • 脱毛男性メニュー
  • 未成年者親権者承諾書ダウンロード
  • 問診ダウンロード

KM新宿クリニック

〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-46-5
KM新宿ビル8F  アクセスはこちら
TEL:03-5272-0212
診察時間 11:00-19:00
電話受付 10:30-19:00
完全予約制となります。
休診日:月・木・年末年始
西武新宿線「西武新宿」駅徒歩1分
JR地下鉄各線「新宿」駅徒歩5分
副都心線「東新宿」駅徒歩7分
山手線「新大久保」駅徒歩5分
中央総武線「大久保」駅徒歩6分

KM銀座クリニック

〒104-0061
東京都中央区銀座1-16-1
東貨ビル7F  アクセスはこちら
TEL:03-6825-5561
診察時間 11:00-19:00
電話受付 10:30-19:00
完全予約制となります。
休診日:月・木・年末年始
浅草線「宝町」駅徒歩2分
銀座線「京橋」駅徒歩3分
有楽町線「銀座一丁目」駅徒歩5分
日比谷線「東銀座」駅徒歩7分
山手線「有楽町」駅徒歩8分
地下鉄各線「銀座」駅徒歩8分