症例写真

アキュテン症例

ニキビの種類

ニキビの原因

男性ホルモンの分泌が思春期に活性化したり、ストレスなどが原因で過剰になったりすると、毛穴から皮脂がたくさん分泌されます。男性ホルモンと女性ホルモンのバランスのくずれがニキビの原因の一つとなります。
また、肌の細胞には、一定周期ごとに生まれ変わる機能があります。それが乱れると、毛穴の出口の角層もはがれないでとどまり、厚くなって出口をふさぐようになってしまい(白ニキビ)、誰もが持っている肌の常在菌のアクネ菌。皮脂が充満した毛穴で増えていきます。増殖したアクネ菌はニキビの炎症を引き起こし、赤ニキビができます。

ニキビの原因

白ニキビ

毛穴が閉じていて皮膚の一部が少し盛り上がって白く見えている状態。毛包(もうほう)が広がるとともに、アクネ菌が増え始めます。

白ニキビ

黒ニキビ

毛穴の中に溜った皮脂が酸化して黒くなり、毛穴が開いて黒っぽく見えている状態。シミや小さなホクロのように見えたり、不潔な印象を与えたりします。

黒ニキビ

赤ニキビ

アクネ菌の増殖により周辺組織・毛穴周辺が炎症を起こしている状態。炎症を引き起こすさまざまな物質が、このときにつくられてしまいます。

赤ニキビ

化膿ニキビ

炎症がさらに悪化して 真皮にまで達し、膿をもった状態。皮膚の内側では、アクネ菌が生んだリパーゼが薄くなった毛包(もうほう)の壁を壊し、炎症を起こす物質が一気に外へ…  ニキビの炎症がまわりに広がってしまいます。 さらに、重症化すると、ニキビ痕(あと)が顔にできてしまうおそれがあります

化膿ニキビ

化膿ニキビ

炎症や化膿がひどくなると、この真皮にまで影響を与えます。にきびは炎症をおこすと、まわりの皮膚細胞を壊しながら悪化していきます。 この新しい皮膚細胞を作る部分にまでダメージがおよんでしまうと、真皮を新しく作ることが出来なくなってしまったり、出来る速さが遅くなってしまうため、結果として凹凸になり、いわゆるクレーター・アクネスカーと言われるにきび跡の凹凸(クレーター)になるのです。

KM新宿クリニックで使用する薬剤

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、グリコール酸などの液体を使用して、より健康で美しい皮膚を取り戻そうとする方法です。つまり、古い角質や表皮、真皮を科学的に溶かし、新しい皮膚の再生を促します。ケミカルピーリングは、従来からしわとりなど、若返りの一つの方法として幅広く用いられ、さまざまな研究を経て進歩してきました。現在では、ニキビやニキビ後の瘢痕、感想肌やシミ、ソバカスや小ジワ、色素沈着など、皮膚疾患の治療や改善目的で行われています。

圧出治療

圧出とは、にきびの頂点にレーザーで1つずつ小さな穴をあけ、コメドセッシという器具を用いてにきびの中にあるコメドを押し出すことです。 よく、にきびはつぶしてはいけないと言われますが、ピーリング後レーザーを併用して行う圧出は跡になることはほとんどなく、圧出を行うことで早くにきびを治すことが出来ます。 2~3日で小さなかさぶたができることがありますが、自然に治るのに比べ格段の差で早く治ります。ご自分でつぶすのとは違い、何度も化膿を繰り返したり跡になったりしません。 跡が残るとすれば、それは圧出によってではなく、長い間にきびが化膿したままにしていたことで、赤みが続いたり(炎症の継続)・しみになったり(炎症後色素沈着)・固くなったり(嚢腫の形成)するためです。

イオン導入

イオン導入(イオンフォトレーシス)とは、導入する成分に微弱な電流を利用して通常では浸透しづらい有効成分をお肌の真皮層まで届けるものです。 通常ローションなどをお肌に塗るだけではほとんど浸透しません。皮膚の角質層と有棘層の間にバリアゾーンという紫外線などの外部から異物が入らないよう肌や身体を守る為の機能が働いており、不要な外的刺激から守るためだけではなく肌に有効な成分の浸透も妨げてしまいますので充分に必要な成分が真皮層まで行き届かないことが多いのです。 私たちの体は細胞や体液が電解質の水溶液からできているため電気を通す性質があります。 体の中にある細胞や体液は陰イオン・陽イオンの形で存在しており、ビタミンCはマイナスの電気をもつ陰イオンになるため、施術する場所にマイナスの微弱電流を流すことにより電力の反発を起こさせ皮膚のバリアゾーンを突き抜け容易に真皮層まで浸透させることができます。

ダーマーペン

極細の針が無数についたスタンプが上下に素早く動くペンで、微細な穴を無数に開けて刺激しコラーゲンの産生と肌の再生作用を促すことにより、ニキビの跡はもちろん しわや毛穴の開きも改善する画期的な美容法です。当クリニックでは施術後にグロースファクターパックを使用しますので、より一層効果が得られます。

アキュテイン(内服薬)

日本国内での知名度は低いと言えますが、世界的にはニキビを直す内服薬として有名です。 日本国内で入手するには、クリニックなどで処方してもらう必要があります。 アキュテインの主成分であるイソトレチノインは、皮脂分泌線を細くし、 排出される皮脂を減少させる働きを持っています。 また、皮脂の新陳代謝を高め、皮膚が新しく生まれ変わる力を高くします。 簡単にいうと、大人ニキビの一番の原因となっている、 皮脂の過剰分泌を強制的に抑えてくれるお薬なのです。

ミノマイシン(内服薬)

皮膚科で処方される内服薬として、一番ポピュラーなのが「ミノマイシン」です。 ミノマイシンは、テトラサイクリン系の抗生物質で保険対象の薬です。細菌に対しては、殺菌というよりも静菌的な効果で、細菌の増殖を抑制するか、細菌の寿命によって死滅させます。それで、ニキビの原因になるアクネ菌が、リパーゼという炎症を引き起こす物質を出しにくくなっていき、ニキビができなくなっていくのです。 ミノマイシンは、静菌効果なので、まだ細菌が残っている状態で使用を中止してしまうと耐性菌が表れるので、注意しましょう。

KM新宿クリニックが選ばれる理由
体験談
20代後半から急にニキビができるようになり、よくCMしている化粧品も試しましたが、完治することは無く、ニキビに悩まされる毎日を送っていました。仕事柄、規則的な生活を送ることができないので、仕事と顔にあるニキビで、ストレスは益々増える一方でした。 そんな時、KM新宿クリニックでのニキビ治療のことを知り、とりあえずで通ってみました。初めの数回で、ニキビの数が減り、できてもそれまでのようには気にならなくなり、最後はニキビ痕も全くわからないほどになっていきました。今となっては、なんで初めからクリニックに行かなかったのか、不思議なくらいです。
(30歳 OL)
中高生のころからずっとニキビに悩んでました。 どんどん内気になるし、このままでは駄目だと思い一念発起して、半年前からクリニックに通い、ケミカルピーリングとイオン導入を始めました。 始めは効果があるのか不安でしたが、スタッフの方に言われた通り、4~5回目から大きなニキビが出来にくくなり、4ヵ月後には周りの人に言われて気づきましたが、肌のキメまで整いキレイになりました。 効果が目に見えて出ると嬉しいし、自分に自信が持てるようになりすべてが楽しくなりました。 勇気を出して、ケミカルピーリング、イオン導入という治療をして本当に良かったと思います。
(24歳 会社員)
10代の頃からニキビのできやすい肌で、大人なっても全然治りませんでした。 周期的ニキビができるのですが、治りが遅いので、常に顔にはニキビがありました。 顔の全体に出来やすく、ニキビの状態は硬くて大きいものでした。 治療を受けた1週間後位で少しずつ改善している事が実感できました。 特に明らかだったのは額の部分で、跡も無くすっきりしていました。(32歳 公務員)

スキンケアサポートアイテム

治療法   料金
ニキビケアトライアル 7,980円
ニキビ跡ケアコース 228,000円
→ピコフラクショナル5回・ピコトーニング5回・ビタミンCパック5回・美白注射10回・シミ内服3カ月
イオン導入 8,000円
ケミカルピーリング   9,000円
圧出治療 5個まで 2,000円
圧出治療 10個まで 3,000円
圧出治療 15個まで 4,000円
内服薬アキュテン 10mg 1錠 600円
抗生剤(ミノマイシン)治療 14錠 2,800円
初診料 2,000円  再診料 1,000円
治療費とは別に初診料・再診料がかかりますことをご了承下さい。※表示価格はすべて税抜き価格です。
ED治療注射Q&A
Q)1回で治りますか?
ケミカルピーリングでの治療・肌質改善は、1回だけでは難しく、殆どの場合数回繰り返す事で徐々に行っていきます。イオン導入も同時に行って肌質改善をより効果的に行うことをお勧めします。
Q)痛みはありますか?
ケミカルピーリングは施術中・後、余分な角質が除去されるために多少ヒリヒリとしたような刺激を感じる場合があります。ピーリング後の肌はとてもデリケートです。乾燥にとても弱いので、イオン導入を同時に行うと効果的です。
Q)乾燥肌でもだいじょうぶですか?
余分な角質を除去して肌質を改善する治療ですので、乾燥肌の方でも大丈夫です。患者様の状態に合わせて施術しますので、ご安心下さい。
Q)副作用はありますか?
肌から角質が除去された状態になるため乾燥や、化粧のノリが悪くなったと感じる事があります。 これらは肌が生まれ変わる経過の状態ですので心配ありませんが、保湿ケアをしっかりと行って下さい。
予約フォーム