AGA治療 内側、外側からの治療で確実に髪を再生させます。

医療脱毛なら安心の医療脱毛ならKM新宿クリニックにお任せ下さい!無料カウンセリングはこちらから

薄毛の多くの人が発症しているAGA、その原因は、カラダの中にあります。

医師画像

AGAの主な原因とされる男性ホルモンの変化。

AGA(「男性型脱毛症」)の主な原因は、遺伝や、男性ホルモンの影響といわれています。男性ホルモンの「テストステロン」という物質が「5αリダクターゼ」という酵素の作用により、 DHT(ジヒドロテストステロン)に変化することで脱毛を誘発します。このDHTは受容体(レセプター)と結合することで、脱毛を誘発する「TGF-β」を産生します。
「TGF-β」は退行期誘導因子と呼ばれ、正常な頭髪の周毛期を崩したり、また「カスパーゼ」という自殺酵素を、活性化することで毛母細胞死(アポトーシス)を誘発します。 AGAの治療は「5αリダクターゼ」の作用を防ぎDHTの生成を防ぐことで、退行期誘導因子「TGF-β」のレセプター(受容体)との結合を阻止することが目的です。

AGAを発症すると毛髪サイクルが乱れ髪の成長期が短縮し、薄毛状態になります。

AGAのサイクル

AGAでは成長期が短縮し、退行期・休止期の割合が増大します。

髪は成長期(育つ)、退行期(抜ける)、休止期(休む)というサイクルを繰り返し、これを周毛期といいます。 正常なサイクルでは休止期に入り、髪は一旦抜けますが、再び成長期に入ると活動を始めて太くて長い髪に成長します。 毛髪サイクルは、多くの形質転換因子(サイトカイン)によって大きく影響され、中でも最も強力な退行期誘導因子の[TGF-β]は髪の成長を妨げるに対し、 [IGF-1]は髪の成長を促す役割があります。
これらの髪の成長に関与するサイトカインの内、マイナスの働き([TGF-β])を抑制し、プラスの働き([IGF-1)を活性化させれことで、 毛髪サイクルの正常化をはかり、薄毛の治療ができます。

AGAは加齢とともに毛髪数を減少させるスピードを急速に早めます。

早めの対策を

AGAは加齢とともに進行します。だから早めの対策が重要です。

誰しも毛髪数は加齢とともに減少します。 AGAを発症している髪はヘアサイクルが乱れ、成長しない(退行期・休止期)髪が年々増加し、毛髪数の減少が急速に早まります。 放置しておいても、ヘアサイクルは正常に戻らないので早めの対策が効果的といえます。
AGAによる、毛髪数の加齢による減少は、正常な毛髪の推移に比べ加齢と共に差が広がり、発毛に影響を与えます。

医療脱毛なら安心の医療脱毛ならKM新宿クリニックにお任せ下さい!無料カウンセリングはこちらから

pagetop

「AGAメディカル育毛」では内と外からの治療で確実に髪を再生させます。

治療のプロセス

施術までのプロセス

施術までのプロセス

施術までのプロセス

施術までのプロセス

施術までのプロセス

施術までのプロセス

施術までのプロセス

医療脱毛なら安心の医療脱毛ならKM新宿クリニックにお任せ下さい!無料カウンセリングはこちらから

AGA治療の特徴 プロペシア

プロペシアとは

1960年代にDHT(ジヒドロテストステロン)が関与していることが示唆され、DHTはテストステロンから5α-還元酵素により変換されることが判明し、1983年米国メルク社によって5α-還元酵素阻害薬であるフィナステリドの合成に成功しました。その後、1997年に米国食品薬品局(FDA)に承認され、1998年に男性型脱毛症治療薬として米国にて発売されました。日本でも2005年10月11日に万有製薬が厚生労働省の承認を得て輸入を開始して現在に到っております。
フィナステリドは男性型脱毛症の原因物質である、DHT (ジヒドロテストステロン)の産生を抑制致します。
DHTは5α-還元酵素によってテストステロンから産生され、男性型脱毛症の進行を促進させると言われています。 その還元酵素である5α-還元酵素のⅡ型を阻害し、促進を妨げる薬品として服用剤プロペシアが誕生しました。

■参考:5α-還元酵素はⅠ型とⅡ型が存在し、Ⅰ型は全ての細胞に存在いたしますが、Ⅱ型は男性型脱毛部と髭という男性ホルモンに感受性及び依存性をもつ部位の毛乳頭細胞に発現していると言われています。

プロペシアとは

AGAの原因は男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きによって、
DHT(ジヒドロテストステロン)に変化し脱毛を誘発します。このDHTは受容体と結合して、 髪に有害なサイトカインである「TGF-β」を産生します。
「TGF-β」は退行期誘導因子とも呼ばれ、正常な毛髪サイクルを阻害したり、また「カスパーゼ」と呼ばれる自殺酵素を活性化することで毛母細胞死(アポトーシス)を誘発します。プロペシアでの治療は5αリダクターゼの作用を防ぎDHTの生成を阻害すること、また退行期誘導因子「TGF-β」のレセプター(受容体)との結合を阻止することが目的です。

プロペシア

プロペシアの効果とは

プロペシアの効果は、日本での臨床成績が万有製薬から国内長期投与試験(3年間)の結果から見られるように3年後の改善度が目に分かるほど脱毛が抑制され、発毛が促されて男性型脱毛症の改善がなされています。 また、この傾向は毛髪サイクルの休止期が3~4ヶ月と言われていますので早い方で服用後3ヶ月程から効果が目に見えるようになると言われています。

次の表は、プロペシア錠の服用量による改善度を示したデータです。
この表から読み取れる事は、服用量を0.2mgと1mgを一年間服用し続けた結果ですが、改善効果の有意差は見られませんでした。との結果が出ています。
※服用の中止 : 服用を止めますと男性型脱毛症が進行し毛髪が元に戻る傾向が有ると言われています。

プロペシアとは

副作用の報告はリビドー減退、勃起機能不全、射精障害、精液量減少、睾丸痛、下痢、胃不快感、腸内ガス、高脂血症、熱感等が臨床試験時に報告されているとの事です。 これらの症状が出た場合、プロペシアの服用を中止することにより無くなります。
万有製薬の国内臨床試験結果では、「1年間のプラセボを対照とした二重盲検比較試験において、プロペシアR錠1mg群での副作用発現頻度は5.0%(139例中7例)、0.2mg群では1.5%(137例中2例)であり、副作用発現頻度はプラセボ群との間に有意差は認められませんでした。なお、1mg投与でのオープン試験を実施した374例において2年目以降の副作用は、4例5件(1.1%)に消化器症状や発熱等がみられましたが、性機能に関する副作用はみられませんでした。」とこのことです。
※プロペシアRは女性や未成年者が服用してはいけません。特に、妊娠中か、その可能性のある女性は、砕けたり割れたりしたプロペシアRの錠剤をさわってもいけません。胎児の生殖器に異常を起こすおそれがあります。 プロペシアRは全国の皮膚科などの医療機関を通して販売され、購入には医師の診断・処方箋が必要となります。

プロペシア+植毛

AGAの救世主

植毛はこちらから

AGA治療の特徴 ミノキシジル

ミノキシジルとは

ミノキシジルは当初、血管拡張剤として高血圧の服用薬として販売されました。後に副作用として脱毛症を回復させる効果が現れ1980年代に米国・ファルマシア・アップジョン社(現在:ファイザー)が脱毛症の治療用として外用溶液(ロゲインR)の販売を開始致しました。(1988年、FDA(米国食品医薬品局に認可) 日本では大正製薬が販売権を獲得して医薬部外品として1999年よりミノキシジル成分1%の『リアップR』が販売されています。
米国・ファイザー社が販売する外用薬「ロゲインR」にはミノキシジル成分が2%・5%がありますが、日本では副作用を考慮して1%の『リアップR』が発売されました。また、商品名が異なるミノキシジルが海外で発売されていますが、ファイザー社がライセンスを他社に供与していることから数銘柄のミノキシジルが販売されています。 ミノキシジルの効果は、万人に効果があるとは言えません。効果が覿面に現れる方、そうでない方とバラつきが有ると言われています。
また、ミノキシジルの使い方や体質によっても結果が大きく違うとの事です。

ミノキシジルの副作用は

ミノキシジルの副作用として発疹、かゆみ、かぶれ、頭痛、めまい、動悸、胸痛などが報告されており、このような異常があった場合には利用を中断し、医師に相談することが必要です。
肌に合わないのに使い続けると、頭皮に強い炎症を起こして脱毛を悪化させることがあります。 また、高血圧、低血圧の方や心臓、腎臓、甲状腺機能に障害のある方も、よく医師と相談した上で利用する必要があります。
ミノキシジルは頭頂部のハゲ・薄毛にのみ効果が認められており、額の生え際の脱毛部分への効果は確認されていません。
また、効果があったとしても使用を中止すると、ミノキシジルの効果で生えた毛髪は徐々に抜けて、使用する前の状態に戻ります。

医療脱毛なら安心の医療脱毛ならKM新宿クリニックにお任せ下さい!無料カウンセリングはこちらから

pagetop

体験談

before-after

AGA治療の体験者の声

小さい頃から「薄毛は遺伝する」と聞いており、自分の父親の頭を見ながら心配していました。
20代後半から次第に髪が薄くなってきたのを実感するようになり、さまざまな自己流の育毛を試しましたが効果がなく、思いきってテレビの宣伝で見た大手の「育毛サロン」に相談に行きました。 10ケ月ぐらい通ったのですが改善する気配もなく担当者に「本当に髪が生えるのですか?」と聞くと何百万円もの大金を請求され、不信感もあったのであきらめました。
そんな時、「プロペシア(R)」が発売されたのを機会にAGA(男性型脱毛症)のことを知りました。

クリニックに相談すると「単に薬を飲むだけでなく、きちんとメディカル検査を行い自分の薄毛の原因を知り、総合的に治療することが大切です」と言われました。
始めは半信半疑でしたが処方された内服薬と育毛剤により、徐々に効果があらわれたのを実感できやがて確信に変わりました。
今、思えば街の育毛サロンで解決できる訳がないことぐらいすぐにわかりそうなものですが、その時は「溺れるものはわらをもつかむ」心境だったと思います。
遠回りしましたがやっと長年の悩みを解決できそうです。医療のチカラはさすがだ!と感心しています。

体験談

before-after

AGA治療の体験者の声

10年前ぐらいから頭頂部が薄くなり見た目にもわかるようになりました。根は明るい性格なのであまり気にしていませんでしたが、40才過ぎたころから前髪が序々に薄くなりかなりヤバイと感じました。
インターネットで薄毛に関する情報を集め、どうしたら良いか考えた結果、やはり専門の医師に相談するのが一番と思いクリニックに行きました。そこでは検査結果にもとづき治療方針を説明されました。自分の薄毛の原因を根強もなく漠然と遺伝と考えていた私に、他の原因もあることが知らされショックでした。 現在では治療を始めて約半年が立ちますが改善効果があらわれ始めわくわくしています。
3ケ月ごとに頭部を撮影しますが、以前の写真と比較するのが楽しみです。また医師がそばにいてくれるのも大変に心強く感じています。
「俺は髪はあまり気にしていない」と強がっていた以前の自分が恥ずかしく、もっと素直に早く医者に相談すれば良かったと思っています。
日本もアメリカのように気軽に薄毛の悩みを医師に相談できる時代になったのですから。。

医療脱毛なら安心の医療脱毛ならKM新宿クリニックにお任せ下さい!無料カウンセリングはこちらから